第21回京都国際子ども映画祭 受賞作品発表!


本年も沢山の方々にご来場いただき、本当にありがとうございました!
こちらのページをご覧下さい→第21回京都国際子ども映画祭 受賞作品発表・開催レポート


第21回京都国際子ども映画祭


21th


概要

・開催日:2015年8月1日<土>・8月2日<日>・8月6日<木> ~ 8月9日<日>
・会 場:京都文化博物館 3F フィルムシアター・別館(8月1日<土>・2日<日>のみ) http://www.bunpaku.or.jp/

上映スケジュール




チケット情報

・【特別前売り鑑賞券】4日間通し券(フリーパスポート券のみになります)
 大人フリーパスポート 1,000円(当日1、200円)
 子どもフリーパスポート 500円(当日600円)(未就学児は無料)

・ローソンチケット/Lコード:55520

・電話・FAX予約
 NPO キンダーフィルムフェスト・きょうと事務局
 TEL:075-212-8612

 チラシはこちら(PDF形式:約2.2MB)→ダウンロード




開催に向けて

ベルリン国際映画祭ジェネレーション(子ども映画)部門での「子ども審査員方式」を取り入れたキンダーフィルムフェスト・きょうとは、今年で第20回を迎えます。
公募で選ばれた子ども審査員(10才から15才)が映画祭当日に全作品を鑑賞し意見を出し合って、最終日にグランプリ作品を選出します。

映画を通して、世界の子どもの暮らし、悩みや楽しみ、それぞれの国の文化や歴史を知る良い機会になるでしょう。
夏休みの4日間、お友達とまた家族そろってお出かけください。

8月1日(土)2日(日)には別館で、映画や映画祭の歴史を知ってもらう展示、映画特別上映&トークイベント、
動く絵のおもちゃ作りや簡単なアニメーション、 オモシロ映像作りの体験コーナーなどを行う事前イベントも開催します。





ノミネート作品

<長編>

『リッキー/Ricky: Three’s a Crowd』 2014シアトル子ども映画祭審査員特別賞
  監督:カイ・S・ピーク/Kai S. Pieck  ドイツ/2013年/84分/DCP
リッキー リッキー
10才のリッキーは、お兄ちゃんのワルな仲間にいじめられる。
でもカンフーを学んでいる。かわいい女の子が引っ越してきた。お兄ちゃんも気になる?!


『コンテスト/The Contest』 2014ハンブルグ映画祭Michel Award受賞
  監督:マーティン・ミイヘ・レナード/Martin Miehe-Renard  デンマーク/2013年/96分/BR
コンテスト コンテスト  
反対する家族を押し切って、なんとかオーディション番組に出ようとする
女の子と男の子がくり広げる音楽と冒険の物語。さあ、どうなる・・・。


『えんどう豆号のローラ/Lola on the Pea』 2015シアトル子ども映画祭子ども審査員ベストフィルム受賞
  監督:トーマス・ハイネマン/Thomas Heinemann  ドイツ/2014年/90分/DCP
 
お母さんと二人でボートに住んでいる少女ローラ。お父さんが恋しくて、お母さんの新しい彼氏を好きになれない。
ローラの家族と友情の物語は・・・。


『瀬戸内海賊物語』
  監督:大森研一  日本/2014年/116分/DCP
 
お宝探しのアドベンチャー。島と家族を救うために、先祖の海賊が残した財宝を探すことに決めた楓と同級生たちの冒険がいま始まる!



<短編>

GIFT OF MY FATHER『お父さんの贈り物/GIFT OF MY FATHER』
  2015ベルリン国際映画祭子ども映画部門子ども審査員クリスタルベア賞
  監督:サラム・サルマン/Salam Salman  
  イラク、イギリス、オランダ、アメリカ/2014年/7分/BR
  
  いつものように車の後部座席に座って、お父さんとお母さんの会話を聞いているハマウディ。
  すると突然、銃声が聞こえてきて・・・。




GIOVANNI AND THE WATER BALLET『ジョバンニとシンクロナイズ・スイミング/GIOVANNI AND THE WATER BALLET』
  2015ベルリン国際映画祭子ども映画部門大人審査員賞
  監督:アストリッド・ブッシンク/Astrid Bussink  
  オランダ/2014年/17分/BR
  
  ジョバンニの夢は、シンクロの選手として有名になること。
  女の子に混じって夢に向かって頑張る少年の姿を追いかけたドキュメンタリー。




ROSSO PAPAVERO『赤いひなげしの花/ROSSO PAPAVERO』  
  監督:マーティン・スマタナ/Martin Smatana
  スロバキア/2014年/6分/BR アニメ

  星の明るい夜、男の子の前に突然サーカス団が現れた!
  不思議で夢のような人形アニメーション。






FEAR OF FLYING『トリさんは、飛ぶのがこわい?/FEAR OF FLYING』
  監督:コナー・フィネガン/Conor Finnegan                 
  アイルランド/2012年/9分/BR アニメ

  トリなのに、飛ぶことを怖がるドゥーガル。
  南の島へ飛んでいった仲間を追いかけるため、歩いて旅に出るが・・・。






MR. HUBLOT『ミスター・ウブロと子犬/MR. HUBLOT』
  2014米国アカデミー賞短編アニメ受賞   
  監督:ローラン・ウィッツ、アレクサンドル・エスピガル  
  ルクセンブルク/2013年/12分/BR アニメ

  
  拾ったやんちゃな子犬のおかげで、神経質なミスター・ウブロの生活はさぁ大変!
  CGアニメーションで、全部、金属の町と住人の世界・・・。




Pandra『パンドラのはこ』   
  監督:水江未来/Mirai MIZUE  
  日本/2014年/2分30秒/BR アニメ

  
  パンドラは、開けてはいけない箱を開けてしまった。
  病気やケンカや悪いことのもとが飛び出した。
  あわてて閉めた箱の中に残ったものは・・・





THE TIE『ネクタイ/THE TIE』
  2015ベルリン国際映画祭子ども映画部門子ども審査員特別賞   
  監督:アン・フロムバウト/An Vrombaut  
  ベルギー/2014年/9分/BR アニメ

  
  とっても背が高いキリンと小さいキリンが住むオレンジ色の星。
  空に黒い雲?キリンたちが足を踏みならして不思議な音楽を奏でると!!




【主催】NPO法人キンダーフィルムフェスト・きょうと
【共催】京都文化博物館
【助成】独立行政法人芸術文化振興会・芸術文化振興基金/日本万国博覧会記念基金/阪急阪神未来のゆめ・まち基金/みやこユニバーサルデザイン(補助金)
【後援】京都府/京都府教育委員会/京都市/京都市教育委員会/朝日新聞社京都総局/京都新聞/産経新聞社京都総局/毎日新聞社京都支局/読売新聞社京都総局/NHK京都放送局/KBS京都/α‐STATIONエフエム京都/みやこ子ども土曜塾
【協力】studioMIRAI・CALF STUDIO・ベネッセ/アニメーションスープ/ KCC京都クロスメディア・クリエイティブセンター/立命館大学映像学部/おもちゃ映画ミュージアム・一般社団法人京都映画芸術文化研究所/バンタン・デザイン研究所/京都映画センター

この事業は、
独立行政法人日本芸術文化振興会・芸術文化振興基金、日本万国博覧会記念基金、阪急阪神未来のゆめ・まち基金、みやこユニバーサルデザイン
の助成を受けて行われす。
 

京都国際子ども映画祭とは

趣 旨
NPOキンダーフィルムフェスト・きょうとは、子どもたちが映画を通して、世界の子どもたちの暮らし、遊び、考え方、他の国の 歴史、文化を知り、世界への視野を広げるとともに、メディア・リテラシー(映画・映像を読みとり、表現、描く能力)、自主性や豊かな 創造性、国際性を身につけた人間に成長することと国際交流を目的として、キンダーフィルムフェスト・きょうと:京都国際子ども映画祭 を開催します。

概 要
映画祭は、毎年8月の夏休みに、ドイツ・ベルリン映画祭ジェネレーション(子ども映画部門・2006年まで名称キンダーフィル ムフェスト)部門(2月開催)や他の国の子ども映画祭に出品された作品、日本や世界の子どもを描いた映画から作品を選んで上映しま す。 この映画祭の特徴は、公募で選ばれた子ども審査員がグランプリを選定すること、子どもスタッフが映画祭の準備、映像制作、司会、進 行、音響、短編映画の声優、イベント企画などの運営を行うことです。

子どもスタッフの活動は、一年を通した活動で、子どもの自主性、協調性を身につけて行きます。関連事業として、アニメーション制作 ワークショップ、映像制作ワークショップ、字幕のない外国映画にセリフをつける声優を養成するワークショップを行います。 映画祭開催期間には、映画の原理を理解する動く絵のおもちゃ制作ワークショップ、世界の文化、映画の展示、子どもたちの制作したアニ メーション作品の上映を行います。


第20回京都国際子ども映画祭の情報はコチラ
第19回京都国際子ども映画祭の情報はコチラ
第18回京都国際子ども映画祭の情報はコチラ